医学部と予備校について

医学部と予備校について

医学部と予備校について 医学部に行く、入学したい人、または入学する人のほとんどが予備校に通っています。
予備校については、進学校にいた人ならば知っている通り、いろいろな予備校があり、特に首都圏、東京などの大都市圏の予備校には、エリートであり、とても教えるのが上手な先生がそろっています。
このような先生の場合には、東大卒など、テレビにもよく出る先生であり、よく流行語なども作り出す先生なども多く、正直なところ、絶対に医学部に受かりたければ、このような先生に教われば合格出来る、とすら言われているほどです。
ただ、親御さんのお金などの問題もあり、このような首都圏まで、通うこと、または暮らしながら勉強をすることは不可能…という方も多くおられます。
そのような場合には、上記のような先生が行っている講義のDVDやサテライトの授業を受けることになるのですが、その点には難点があり、自分自身で分からない問題の点を、サテライトなどでは、聞くことが出来ない、質問することが出来ない、このような点が難点です。
そのため、お金に余裕があれば、上記のように、首都圏などの有名な先生のもとで、授業を受けることが医学部に合格するためには、とても有益なのですが、難しい、という人がとても多いことが現実です。

医学部と予備校と小論文について

小論文の試験は、多くの国立大学、または私立大学で実施されているものです。
小論文では、その人の考え方、将来への思想や、元々の性格などをはかることが出来るものとして、有効な試験であるとされており、多くの入学試験でこのような論文の試験内容が出されます。
これについては、医学部も同じであり、しっかりとした論文が掛けなければ、当然、医学部に合格することは出来ません。
特に、医学部の場合には、専門的な知識、医学などの知識に基づいての論文が出題される傾向などもあり、とても難関な試験内容の1つとなっているとされています。
そのため、他の教科である数学や物理、英語、国語、このようなものが出来ても、論文で落ちてしまう生徒さんも少なくないため、予備校では、このような論文に対抗できるために、予備校でも、小論文のテストなどを実施し、採点を行うことで、ダメな点を指摘してくれます。
逆に、このようなダメな点を指摘してもらえない場合には、医学部に入学できるための論文が書けないことから、とても必要な試験内容であり、対策であり、また、大学によってはこのような論文に合格点の多くを置いている大学もあるため、予備校では、上記のように論文対策に力を入れてくれています。

安江翔太の関連情報サイト

安江翔太がどんな人物なのか気になる方におすすめです。

安江翔太が気になる方はこちらをチェック!